数ある電子書籍化サービスを比較しました。電子書籍化サービスって基本的には1冊分の料金が決まっていて、そこにオプションを追加していく形が多いですね。1冊の料金はサービスによってまちまちで、だいたい100円前後からが多いです。

電子書籍化サービスについて

電子書籍化サービスは家にある本を業者に送って電子化してくれるサービスです。自炊代行とかスキャン代行、電子化代行なんて名前もあったりします。

基本料は1冊あたりの料金を指します。比較したサイトでは1冊あたり250~500Pの料金となっていて、それを超える場合はまたそれぞれ100〜200円の追加料金が発生します。

納品の期間に関してですが、これはかなり幅があったります。それだけ需要があって忙しいってことなんですかね。早いところだと数日ですが、人気(?)なところだと3ヶ月待ちだったりと、かなりサービスによって幅があります。また、これは特急料金というのを提供しているところが多く、追加オプション100円から対応して頂けるようです。

電子書籍化サービス用語とかとか

オプションにある内容でよくあるのが、「表紙スキャン」とか「ファイル名変更」、「端末最適化」などですね。

主に本をPDFにして送ってくれたりするのが多いですが、その際にデータにしただけだとファイル名がわからない場合があるんですよね。2018-09-28-fjoasiefaf.pdfみたいな感じで、ぱっと見で何がなんだかわからない。それを本のタイトル名に変更してくれますよ、っていうやつです。これは手作業でやってくれてるみたいですね、感謝です、払います。これはだいたい50円くらいが多いです。

OCR処理というもの

初めて見るとしたらこのOCR処理ですね。これは普通に紙をスキャニングするだけだとある意味jpgみたいな感じですよね。これを文字として認識できるように処理をかけるみたいですね。それでテキスト検索とか電子書籍のテキストデータの文字をコピーしたりできるようになるサービスです。

漫画だとか写真集とかはちょっと必要ないのかな?と思いますが、資料系とかにはあると非常に便利ですよね。適材適所で使いたいです。

端末最適化とか保存期間とか

結構大事なところで、端末最適化がついているかとってあります。例えば、kindleで見るときって白黒になってるので色データが不要ですよね。また、kindleはあまり重い処理に適してないので、データが重いともっさり感がかなり大きくなります。

だけどkindleで読みたいよ!って時もあるので、それを最適化してくれるのか?お幾らなの?って言うのはちょっと気になりますよね。

保存期間もそうですね。サービスによってまちまちで、pdfデータを送ってくれたらそこまでで終了、と言うところもあればユーザーアカウントごとにマイページを発行していて、そこでいつでもダウンロードできるサービスもあります。

自分でコレクションしているものであればマイページがあった方が便利ですが、資料とかをスキャンするんでしたらマイページとかは必要ないですかね。

サービス料比較

サービス名 基本料金 追加 特急便 高解像度対応 表紙スキャン ファイル名変更 OCR処理 端末最適化 保存期間
bookscan 100円/350P 100円/200P 会員サービスのみ 無料 50円 100円 無料 ずっと
スキャンピー 80円/350P 80円/200P 80円 無料 50円 100円 80円
電子書籍化サービス24HR 一般 240円/500P〜
会員 150円/500P〜
一般 240円/500P〜
会員 150円/500P〜
24時間納品 580円/1冊 基本料に含む 基本料に含む 基本料に含む 7日間
snap book 100円/350P 100円/200P 100円/1冊 50円 50円 100円 PDF
電シカ君 in 関西 100円/350P 100円/200P 100円/1冊 500円/350P 50円〜 50円 180円
snap book 100円/350P 100円/200P 100円/1冊 50円 50円 100円 PDF
Jet-scan 200円/250P 100円/200P 100円/1冊〜 プランあり 基本料に含む 基本料に含む 100円
本スキャン 200円/300P 200円/200P 30円/1冊〜 プランあり 基本料に含む 基本料に含む 70円/1冊 500円〜

* 2018年9月時点の比較表です。詳細はリンク先にてご確認ください!

使いどころと使い分けどころ

自分の本棚にある本のスキャンをお願いする場合と、大量の資料をスキャニングしたいって言う時でだいぶ使い分けはできるのかなって思います。また、大型本や形がちょっと普通と違う場合にはちょっと手間が掛かるので、その手間に対応してるよってところもあるのは、痒いところに手が届いていいなぁと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です